親の介護って何から始めればいいの?!

ある日忽ち訪れる親の介護。例えば、物忘れがひどくなったり、以前より身体が動かずトイレに遅れることが増えたり、外へでたがらなくなったり…今まで当たり前に過ごしていたことが変わっていく変化に面食らうことが多くなります。
最初は気づかいながらようやくやっていこうと思っても近々ストレスが目立ち、気づけば子供が年配になった親に難く当たってしまうこともあるでしょう。
しかし、怒ったところでこちら家族のみで解決できないのが介護だ。ひねくれるだけ損ということもあります。
そんな時は介護サービスを利用してみることをお勧めします。
こちら以外の他人に助けを勧め、多少なりとも介護のストレスから解放されお互いに無理なく生活ができるよう努めていかなくてはなりません。
ひとまずが市役所へ赴き認定調査をもらえるよう申請します。基本的には本人が申請を流すのが一番ですが、そんなわけにもイアk無いケースがほとんどですので家族が申請を出すことができます。原則として認定調査は申請をしてから一月以内になります。
認定調査は一旦本人がいる自宅や、または入院やる病院に調査官による訪問調査を行います。指定された主治医による意見書の提出を依頼する。後日、一次判定をやり市町村等が設置する介護認定審査会で審査をします。要介護度が決定されれば、今後どれくらいの介護サービスをもらえるかが明確になります。
こういう判断の基準は本人の状態や家族の介護の手間を調査で聞き取った内容、主治医意見書から判定が決まります。
真に調査をすると、かりに認知がありましても本人は調査官の質問に続々答えていかなくてはなりませんので、頭を全身全霊していつもよりたくさん言葉を話したり、質問の内容に明確に答えて仕舞うケースがあります。本当に良いことですがその場が良いだけでは意味がありません。普段からどれくらいの認知があるか、身体はどれくらいはたらくのかを見たいので、調査の場面で見栄を張りすぎると判断が危ぶまれます。本来の介護サービスで必要な介護度を得れない可能性もあるのです。しょっちゅうと様子が異なる場合は、本人を傷つけないようひそひそ調査官に普段の姿や様子を触ることも非常に大切です。www.newenglanddays.com