dカード

dカードを持っていれば、もう一度dポイントが滞り易くなります。
dカードは、dポイントカードとは違いクレジットカード機能のついたカードだ。
dカード、dカードゴールドがあります。

<dカード>
初年度の年会費無料で利用できます。
2年目以降は年会費1,250円(税抜)がかかると言われていますが、前年度にdカードで一度でもショッピング利用していれば年会費無料になりますので実質無料のようなものです。
dカードをショッピングで利用してもいいですし、ドコモの利用料金払いに使っても、ETCに使ってもいいので、何かしら一度でも使えば無料として気楽に持てるカードだ。

<dカードゴールド>
年会費は10,000円(税抜)かかります。
ご利用がある薄いにかかわらず年会費は必要となります。

dカードとdカードゴールド共にポイント付与率、割引率などは同じですが、唯一、ドコモ料金の支払いによってたまるポイントは違っています。
dポイント加盟店によって違いますが、加盟店で利用するとポイントが貯まります。
例えばローソンの場合には100円ごとにワンポイント貯まります。
またdポイント加盟店では、ワンポイント1円として使うことができます。
こちらも加盟店によって助かるポイントが違う。
dカード、dカードゴールドにてdカード決済をすると100円ごとにワンポイントが貯まります。
もう一度ローソンやノジマの買い物でdカード決済によると、買い物1たびに3%の割引が適用されて、お安く買い物をすることができます。

ここまではdカード、dカードゴールド、共におんなじポイント条件でしたが次のドコモ利用に関してのみ違う。
毎月のドコモの利用料金、ドコモ光の利用料金などの支払いにカードによると行う。
dカードの場合は、料金の1%分がポイントとして付与されます。
それに対してdカードゴールドの場合は、料金の10%がポイントとして付与されます。
モバイル利用料金や光利用料金は、毎月発生するものですから、そのポイントが10倍違うと実にたまるポイントに差が出てくると思います。

ネットショッピングで、dカードを利用すれば通常より1.5倍から10.5倍もポイントが付与されるポイントUPモールもあります。
dカードの特約店でdカードを利用すれば倍以上ポイントが付与されるところもあります。
通常のdポイントカードよりも格段にはやく多くポイントを貯めることができます。引用