赤ちゃんの母国語を英語にする

これからの若者は国際人として英語をしゃべれるようになるべきだと考えていらっしゃる夫婦は少なくありません。
ただ、現実にはどうして英語を学ばせればいいのかわからないでしょう。
最近は、赤ちゃんに英語を憶えさせることが注目されています。
赤ちゃん向けの英語教材がたくさん販売されていますから、見たことがあるのではないでしょうか。
無論、日本語も同じように憶えなければなりませんから、英語と日本語の両方を母国語にすることになります。
言葉が母国語と言えるレベルで話すためには、3,4歳までに憶えなければならないと言われています。
赤ちゃんの時はボキャブラリーが不足しているかもしれませんが、英語の発音や聞き分けができるようになればオッケー。
国際結婚をした夫婦の子どもが二か国語を母国語して、流ちょうにしゃべれる例はたくさんあります。
逆に外国籍も日本で育った子どもはきれいな日本語を話すのです。
赤ちゃんの時に聞いていた言葉が自分の言葉になります。
そこで英語教材を通じて、毎日英語を訊く環境を提供すればいいわけです。
ポイントは英語を報じるのではなく、英語を訊く環境を提供するだけです。
それほど憶えさせようとしないことだ。
赤ちゃんは耳で聞いて、画面を見て状況を理解します。
言葉を理解しているのではなくまねしてあるだけです。
上手にまねをすることが母国語を獲得することにつながっている。
英語を話せないと国際人として通用しないかどうかは別として、赤ちゃんにとっては英語を学習することは難しくありません。
ただ、日本語と英語の両方を学習しますから、その環境を整理することは親の役割となります。
外国にいるなら、暮らしの中は英語ばかりでしょう。
日本にいるため、英語を訊く機会がないのです。
おすすめの英語教材はディズニーなどのキャラクターでしょうか。
赤ちゃんが興味を持ってもらえる教材がおすすめです。
毎日見せていれば、いつも英語を訊く環境ができあがります。
無論、家族でいる時には日本語中心です。
無理に英語で呼びかける必要はないでしょう。
無理して、母国語を英語にするのではなく、英語と日本語をうまく使い分けられるようになればいいのです。
あなたの赤ちゃんはどうでしょうか。http://www.gwtoa.co.uk/