英語教育の基本

英語教育はどのような教材を利用すればいいのでしょうか。
中学校で学んでいた英語では、ほとんどの人が英語をマスターすることはできません。
それが小学校の高学年になってもめったに変わりません。
しかし、赤ちゃんの時から英語を教えるため、ネイティブスピーカーの発音をマスターできると考えている自身もいらっしゃる。
英語教育をどうすればいいのか、両親は迷うことでしょう。
まずは英語教育の基本を敢然と策することから始めてください。
おすすめの教材は英語で遊ぼうなどの、赤ちゃんが見てうれしいと感じる英語を身近にすることだ。
英語を聞いて理解し、それに対して英語で応えることは厳しいのでしょうか。
みんなは日本語を話していますから、英語を覚えることは高度な知識がないと無理だとしていらっしゃる。
それが大きな間違いだ。
アメリカの子どもたちは誰でも英語を話すことができます。
つまり、日本人もアメリカで生活していれば、自然と英語を話すようになります。
勿論、日本語を話すことができません。
それでは日本語と英語の両方をしゃべれるようになるためにはどうすればいいでしょうか。
それが英語教育の基本となります。
おすすめは英語を話す環境と日本語を話す環境を切り分けることです。
赤ちゃんをそんな環境で育て上げると、英語と日本語が混じった面白言葉遣いになってしまうと心配する人は少なくありません。
しかし、現実には国際結婚をした夫婦の赤ちゃんは両方の言葉を理解して話します。
重要なことは英語を話す状況を限定することだ。
難しいことではなく一段と単純だ。
お父さんと話す時折お父さんの母国語、お母さんと話す時折お母さんの母国語に限定すればいいだけだ。
おんなじ人が二つの言語を話すと、赤ちゃんは混乱してしまいます。
英語は日本語と違う周波数と言われていますが、それは大人になってから知るだけのことです。
英語を話すことが特別なことではないですから、周波数の違いなど赤ちゃんは意識していません。
そして、英語を学ばせたいと思っているとしても、英語を話せるようになることと英語の成績がいいことはさっぱり別だ。
ネイティブスピーカーも、中学校の英語のテストで宜しい点数を取れない子どもが、ほとんどです。http://www.globalthehague.nl