方言と英語

わたしたちは日本語を当たり前のように話していますが、家中で話す言葉と学校で習う言葉には違いがあります。
それは方言だからだ。
鹿児島の方言を聞いても何を言っているのかわからない人は少なくありません。
それほど違うのに交流ができるのはお互いに標準語をしゃべれるからです。
つまり、日本人も二つの言語をかしこく使い分けていることになります。
これをヒントとして、日本語と英語をうまく使い分けられるのではないかと策する人たちは、赤ちゃんの時から英語教材を与えています。
つまり、赤ちゃんには日本語と英語を習得する能力があるのです。
おすすめの教材としてアニメやかわいいぬいぐるみがしゃべる英語のDVDやCDがあります。
どの教材もネイティブスピーカーが話している英語ですから、おすすめと言えるでしょう。
途中で日本人が開設するような場面は必要ありません。
英語を聞き流すだけで赤ちゃんは英語を理解していくのです。
勿論、お母さんと話す時折日本語だ。
お母さんが無理に英語で話すと、ネイティブスピーカーと違っているため逆効果になるでしょう。
お母さんの英語学習と赤ちゃんの英語学習はまったく違う次元ですと考えなければなりません。
方言を話す人でも公式の場などでは標準語を話します。
そのことに本人も近隣も違和感を持ちません。
不思議だと思いませんか。
英語だけが特別ではありません。
教材の宣伝の中には英語の周波数が違うため、日本人は特別な方法で英語を学習する必要があると書かれている場合もあります。
確かに周波数は違いますが、学習方法は同じです。
赤ちゃんにとっては英語も日本語も方言もおんなじことなのです。
耳で聞いた言葉をもちましてまねしていきますが、それがだんだん自分の考えを触るための道具として払えるようになります。
それが言葉をマスターすると言うことでしょう。
具体的な教材を選ぶのに迷ったならば、赤ちゃんの英語教育の目的を明確にすることをおすすめします。
英語を語れるようになるだけで、英語の成績が伸びて、将来は強い仕事ができると期待しているお母さんもいるかもしれません。
しかし、英語を語れるだけで本人が成長できるとは限りません。
勘違いしないようにください。引用