妊婦さんの食事について

妊娠中は、摂り方に気をつけたい食事のポイントがあります。
普段は気にせず口にしている食材も、妊娠中に妊婦さんが食べたものはお腹の赤ちゃんの栄養になるため、気をつけたい成分やポイントについて知っておくといいでしょう。
「アルコール」
胎盤を通して赤ちゃんに届き、胎児の成長や発達に影響を与える可能性があるため、妊娠中はアルコールは摂らないことが基本です。
「カフェイン」
胎児の発育が阻害される可能性があるため、摂りすぎに注意しましょう。1日にコーヒーなら1.2杯、紅茶なら2.3杯、緑茶なら3.4杯までがカフェイン摂取の目安だ。
「水銀」
魚には食物連鎖によって天然における水銀が取り込まれます。偏った食べ方をした場合、水銀が取り込まれ、胎児の発育に影響を与えることが明らかになっています。そのため、厚生労働省も、次の魚について、妊娠中のキャパの基準を定めています。
・ミナミマグロ、マカジキ、ユメカサゴ、キダイなど…1回80gを週2回まで
・キンメダイ、クロマグロ、メカジキ、めばちなど…1回80gを週1回まで
などとなっていますので、注意が必要です。
「食中毒」
食中毒は妊娠中もとにかく気をつけなければなりません。妊娠中は何より、リステリア菌に感染しやすくなり、胎盤を通して赤ちゃんにも影響が出ることがあり注意が必要です。リステリア菌は塩分にも激しく、冷蔵庫でも繁殖するため、妊娠中は動物性の食材は火を通して食する、食肉加工品、ナチュラルチーズなどの加熱が不十分な食品は加熱するのが鉄則です。食中毒予防としての基本は、調理や食事前にしばしば手を洗い流し、生野菜や果物もかわいく洗ってから食べましょう。調理器具を衛生的に保つことも大切です。
「ヨウ素」
ヨウ素は摂りすぎると赤ちゃんの甲状腺機能が低下すると言われています。海藻類に数多く含まれ、殊更昆布に数多く含まれています。日本人の食生活では出汁などで昆布は頻繁に使用するため、許容量を下回るように毎日食することは避けましょう。
「ヒ素」
ヒ素は健康被害を及ぼす成分ですが、ひじきにおいてあり、妊娠中でなくても大量に食べすぎることは注意が必要とされています。妊娠中は乾燥ひじき5gを週2回までを目安にするようにしましょう。
「ビタミンA」
ビタミンAは普段も妊娠中も必要な栄養素ですが、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの形態異常を引き起こす可能性があると言われているため、決められた推奨量を続けるようにしましょう。目元とまつ毛のご褒美の口コミと効果は?最安値の販売店はこちら