今、イオンモールを楽しむイオニストが増えている

今、日本中にイオンモールが増し、全国でみな同じショッピングを楽しめるようになり、地域差がなくなったと言われています。
そんな中で今「イオニスト」という、イオンモールをこよなくかわいがりて掛かる人たちが増加中です。
全国に約120カ所もあるモール。
イオンモールの特徴は大型モールであり、今トレンドの商品が購入できるショップがたくさん出店している。
だからイオンモールで毎日中過ごしてもまったく飽きることなく、今あんなみなさんを「イオニスト」と呼ばれているのです。
休日などはイオンモールで毎日中過ごしている家族もたくさんいます。
大きなイオンモール内には、一際子どもから大人まで、それぞれが喜べるショップがあり、子どもが遊べる空間もあります。
昭和の時代はデパートに行くと、屋上は子どもの乗り物などがあり、子どもたちはそこへ連れていって買うのがいやに売りでした。
イオンモールではより体を自由に動ける、明るい子どもの遊び空間もとっくり完備している。
そしてフードコートでは手頃な価格で食事ができ、レストラン街では少々落ちついたお食事をすることもできます。
パパの気になるバッグや時計を見たり、ママの好きな雑貨屋さんなど、ファッション以外にもさまざまな店舗が買えるのです。
だから主婦の中に、毎日中イオンモールでじりじりやり過ごす「イオニスト」が急増中。
髪をカットして、ぶらっとショッピングして、映画を観て、帰りは夕食の買い物を通して帰宅。
そんな贅沢な一年中を手軽に楽しむこともできるのです。
イオンモールが終日喜べるのは物を消費するだけでなく、その空間を楽しめるところだからなのではないでしょうか。
だから家中が満足できて、みんなが笑顔になれる場所なのです。
そして単なる店舗の塊だけでなく、驚きや感動がいっぱい感じられるから毎日行っても飽きません。
ほしいものが溢れかえってある今、商品が買えるだけでは魅力はありません。
イオンモールは1つの街のようになっているからこそ、毎日行っても飽きずにおかしいのではないでしょうか。
毎日イオンモール内でウォーキングをしているという「イオニスト」もいるほどだ。https://media-hearts.xyz/