マウスピースの消毒療法

医療技術の進歩によって、歯周病治療も進化してきました。
近年は、マウスピースをつぎ込み歯周病菌を殺菌始めるという「3DS除菌療法」という手当てが受けるようになりました。
歯型に合った専用のマウスピースを出し、そこへ除菌作用をもたらす薬剤を入れてそれをはめる結果浸透させて出向くというものです。
しかしこういう歯周病手当てはあくまでセルフケアのブラッシングがきちんと行われていることが大前提となってきます。
規則正しいブラッシングを通じてその副次的方法として用いられている。
他にもマウスピースをはめるだけという簡単な方法なため、ブラッシングをすることができないというお婆さん、あるいは要介護者への歯周病対策用に受ける方法でもあります。
当て物や被せ物が多くて上手くブラッシングができない人、虫歯になりやすい人、歯周病になりやすい人、妊娠予定の残る人、矯正治療を始める予定の生じる人などにもおすすめです。

3DS除菌療法では、最初に細菌検査を行います。
その後、個人の細菌の種類、口内環境に合わせた除菌の薬を選びます。
こういう除菌薬をマウスピースに入れてはめる結果、歯周病菌へ薬剤を浸透させて歯周病を改善していくことができます。
しかしこういう除菌療法では骨まで改善することはできません。
ですからエムドゲイン法などで骨を生成した後に行うと効果的です。

私たちの口の中には多種多様な細菌がいる。
すべてが私たちの健康に害をもたらすものではありませんが、虫歯、歯周病を始めとして健康に害をもたらす細菌もいる。
普段自分でブラッシングするだけでは取りきれず、もう一度歯医者でクリーニングをするだけでは取りきれない虫歯菌、歯周病菌を除菌してすっきりと殺菌やれるのがこういう3DS除菌療法だ。
通常薬剤をもちまして塗るだけでは、口の中の唾液によって歯茎へ浸透する前に流されてしまうので決して効果が得られません。
その点マウスピースを使えば、薬剤を見逃すことなく長時間歯茎へ塗っておくことができるため大きい殺菌効果や炎症鎮静効果を発揮することができるのです。

3DS除菌療法の効果は1度行うと4ヶ月〜半年くらい貫くそうです。
歯医者では通常1度行ってから2ヶ月後にチェックをして、細菌数が全然減っていない場合には、二度と3DS除菌療法をする場合が多いようです。

3DS除菌療法の治療費用についての目安をご案内します。
こういう手当てを行っている歯医者はまだまだ僅かそうです。
ですからこういう手当ては保険適用外で自由診療につき全額自費となります。
正確な費用は個々の口腔内環境にても違ってきますのであくまでも参考程度にご覧ください。
細菌検査は1回約5,000円、これを2回行います。
マウスピースの作成に約10000円〜2万円かかります。
口腔内をPMTCでクリーニングするのに1回3,000円くらいかかります。
3DS処置は1回約3,000円を2回行います。
歯医者によっても費用は変わると思いますが、平均1クールで3万円〜5万円くらい繋がるそうです。引用