ハワイのインターンシップの特徴

ハワイは“癒しのリゾート”というイメージがありますが、留学や海外インターンシップ先としても人気になっています。ハワイでのインターンシップに参加する結果、ハワイで就職して憧れのハワイ生活を実現できる可能性もあるのです。それでは、ハワイのインターンシップの特徴を紹介します。

ハワイへは、多くの日本人ツーリストが毎年訪れていますが、日本人は“勤勉”“誠実”と世界的にも見られてあり、ハワイの企業も優秀な日本人を採用したいと願っています。そして、日本人を雇用する企業も増えているので、海外ではたらくことにチャレンジするには、ハワイは良い環境だと言えます。

ハワイのインターンシップでは、基本的には“研修生”になりますが、経験やスキルなどが認められると、社員と変わらない専門的な仕事に始めることができたり、重要なプロジェクトに参加できたりする可能性もあります。インターンシップ生でも、社員から仕事に関する意見を仰ることもあるので、思ったことや気づいたことがあれば英語で積極的に言ってみましょう。あなたの意見が大きなビジネスに通じるチャンスになることもあるのです。

また、労働時間が長くプライベートの時間が少なくなりがちな日本と比べて、ハワイではオンとオフの切り替えがしっかりしているので、仕事と生活のバランスが賢く取れるようになり、人生における新しい価値観を探せる可能性もあります。

ハワイのインターンシップに参加する費用は、アメリカとおそらく同じですが、インターンシップの内容や滞在する施設、滞在期間にて費用は変わってきます。ハワイへ渡航する前に必要なのは、「渡航費」「ビザ申請費用」「海外保険費用」で、本格的にハワイで動く場合は、「J-1ビザ」を取得する必要があり、そのためには保険へ加入する必要があります。また、ハワイの中でもワイキキなどの有名な名勝で参加する場合は、アメリカ本土と比べても物価が良いこともあり、生活費がかかってしまうことがあるので注意しましょう。費用を押さえ付けるには、普段の生活はなるたけ自転車で移動したり、自炊で節約したりすると良いです。

ハワイのインターンシップには、無給のものと有給のものがあります。無給インターンシップは、1〜3ヶ月の短期で行われ、海外で英語を勉強しながら現地の企業の仕事を体験することが目的になります。一方、有給インターンシップは、最長18ヶ月の長期になり、専門的な技術や知識を学んで、自国の発展に役立つスキルを身に付けて貰うことが目的だ。そのため、「ハワイで本格的に働きたい」「スキルを一段と伸ばしたい」という方はおすすめです。参照サイト