お風呂のリフォーム方法【在来工法】

「在来工法」というお風呂のリフォーム方法が有ります。
近年はユニットバスとしてリフォームするほうが多い様に思えます。
費用を抑えて、短期間でリフォームが完成するユニットバスはとても便利ですが、ここでは「在来工法」について挙げてみたいと思います。
在来工法は一行建てを建築する時と同じ様に、部屋を決める様に基礎からお風呂を作るという方法だ。
他の部屋と違うのは防水加工が施されているという事になります。

では在来工法のメリットから挙げてみたいと思います。

【自由にお風呂を作れる】
規格サイズが決まっているユニットバスの場合、浴室に制限が出てきますが、在来工法の場合、最初から浴室を作って行く為にスペースに合わせた浴室を調べる事が可能です。
また防水加工がしている材料を使う事により、ご自身の好きな材料として好きな様に浴室を作って出向く事が出来ます。
余計窓の位置やがたい、収納スペース等、ご自身のライフサイクルや好みの合わせて組み立てる事が取れるというのが一番のメリットではないかと思います。

次にデメリットについて挙げてみたいと思います。

【費用が加わる】
そこそこ既製品を使う事で費用を安く抑えるユニットバスですが、在来工法の場合は壁を作ったり、好きなデザインにしたりとフレキシビリティーが良い為、工賃や技術料、材料費といった面で高くなるというデメリットが有ります。
ますます一から作っていくという事は、その分期間も長くなるという事に繋がりますので、給与もかさんで出向く事に繋がります。

【工事期間が長い】
その場所で一から作っていくという事は、工事期間が必然的に長くなるという事になります。
その為、お風呂が暫く使えないというデメリットも発生しますし、工事内容によってはホテル等に仮住まいをしなくてはならなくなるという場合も考えられます。

【断熱材に不安】
壁を作ったり、タイルを張ったりと、一から作っていくという事は、壁に隙間ができ易いという事にも繋がります。
最近の技術は向上していますが、断熱性や防水戦といった面から考えてみると、ユニットバスに対して在来工法はちょい不安な点が見て取れるというデメリットが有ります。

そういったメリット・デメリットをとことん検討した上で、どのリフォーム方法にするのか検討していくと良いでしょう。引用